ヒト 2020.10.27

チームのムードメーカーが語る、仕事を頑張る楽しさとは

小池諒さんは、2019年入社、上越支店の整備課所属。 明るい性格で、課の中でも特に大きな声で挨拶をする、ムードメーカーです。 今回は、UDトラックスに入社したきっかけや、仕事のやりがいについて伺いました。

UDトラックスを選んだきっかけは?

会社の先輩たちの人柄です。 元々、車の仕事をしたいなというのはあったけれど、大型車をやるつもりはありませんでした。 でも、たまたま行ったUDトラックスの説明会で、みんな楽しみながら仕事をしてるんだっていうのが伝わってきて… ここで働いたら楽しそうって、シンプルに思いました。

仕事のやりがいは?

仕事にやりがいを感じるというか、仕事そのものが楽しいっていうのが、本音かもしれません。 もちろん、やりがいを感じるタイミングはたくさんあります。 今までできなかったことが、できるようになったとき。親身になって教えてくれる先輩に応えられたときは、やっぱり嬉しいです。

それと、最近特に嬉しいことがあって… この前ドライブしていたら、自分が担当したトラックとすれ違ったんです。 当たり前かもしれないけれど、そのトラックはちゃんと走っていて、「あぁ、あれは自分が整備したんだなぁ」と実感しました。

今後の目標は?

公私関係なく、頼りにされる先輩になりたいです。 憧れの先輩がそういう人なので。 仕事をしていれば、叱られることだってあります。 でも、いつでも私の話を真剣に聞いてくれるし、休憩中はすごいフランクなんです。 メリハリをつけて仕事に取り組むっていうのかな… そんな背中を見ていたら、やっぱり憧れます。 仕事を頑張ることで、会社でもプライベートでも充実した時間を過ごせるようになりたいです。