ヒト 2020.10.27

車も一緒に働く仲間も大好き。だから、仕事中はいつも笑顔

川上博毅さんは、2019年入社、新潟支店の整備課所属です。 車が大好きで、コミュニケーションも上手。いつも笑顔で仕事に取り組んでいます。 今回は、UDトラックスに入社した決め手と、仕事に対する想いを伺いました。

UDトラックスを選んだきっかけは?

お客様を大事にする部分が魅力的でした。 説明会に行ったときに、「この会社はお客様のことすごく考えてるな」というのが伝わってきて、それが決め手です。 例えば、UDトラックスでは、運転手席に冷蔵庫を取り付けることがあります。 いつでも冷たい飲み物が飲めるようにという、長距離ドライバー様への心配りです。 技術力の高い会社はほかにもありましたが、お客様思いという点では突出していました。

仕事のやりがいは?

整備士としてスキルアップすることが、そのままやりがいだと感じます。 私は昔から車が好きで、いつもミニカーを握り締めてるような子どもでした。 だから、車をいじる仕事がしたかった。 でも、普通の車じゃ物足りなくて、大型車をいじりたかったんです。 大型車って高価じゃないですか? ちょっと古くなったからといって、簡単には買い換えられない。 お客様のところで何年も何年も、頑張って走り続けてるんです。 そんな大型車たちを整備できることに、誇りを感じます。

UDトラックスを、もっといい会社にしていきたいです。 役員や上司に頼るんじゃなくて、私たちで、下の方からいい会社にしていきたいと思います。 だから、後輩の指導には気をつかってます。 些細なことでも安心して相談できる雰囲気を作ったり、何でも答えられるように勉強したり… もっといい会社にするために、自分のことだけじゃなく、周りのことも見ながら仕事をするようにしています。